風俗嬢は案外簡単と審査が通る?


銀行カードローン、消費者金融でのキャッシングには審査があります。そこで私は無理と思ってしまう職業に、風俗嬢があります。水商売系の方に、こうした審査は難しいと思われていますが、そんな事はありません。収入と在籍確認ができれば、キャッシングの申し込みができます。銀行のフリーローンなども対応できるのです。

大手消費者金融でも、風俗嬢がキャッシング審査に通ったという口コミも多くあります。風俗嬢は返って一般OLより収入が高い方も多く、金融会社としてもきちんと働いていることが証明されることで、キャッシングが自由にできると思ってください。

収入と在籍確認ですが、消費者金融の場合、身分証と在籍確認ができればOKです。身分証はできれば顔写真がついたもので、運転免許証かパスポートがあれば良いでしょう。しかし、それがない場合、会社員なら社会健康保険証で在籍確認もできるのですが、風俗嬢で社会健康保険証を持っている方は少ないかいない可能性があります。

運転免許証かパスポートがない方の身分証については、直接消費者金融に問い合わせてみてください。国民健康保険証、不要であればその保険証は用意してください。

収入はあくまでも自己申告になりますが、できれば自分でメモしたものでも用意しておいてください。日払いの場合は、収入証明書はないと思われていますが、風俗嬢ということでの平均的な収入は目処が付きます。

そして、肝心の在籍確認になります。これは勤務先の店に直接、電話をして申込者が働いていることを証明することです。店で本名で電話がかかってくると言っておくだけでも良いです。源氏名でも対応してくれます。

しかし、風俗嬢の場合は個人事業主としての職業区分けになることが多いです。この場合の在籍確認は自宅になりますので、晴れて審査は無事に通過します。

個人信用情報機関の紹介では、以前の借金状態でNGでなければですが、在籍確認も大したことではないですが、店にバレたら困ってしまうという方は、個人事業主としての申し込みをしましょう。

最も、ソープ嬢などの場合は最初から個人事業主扱いですから、店ではなく本人の電話での在籍確認が常識です。大手カードローンでも、このような対応は手慣れていることが多いので、個人事業主の融資の場合はあまり高くないのですが、きちんとした収入証明書があれば、利用限度額が高くなることもあります。

ソープ嬢も風俗嬢もこうしてお金は借りられる


ソープ嬢の給与は、店からのものではないとも思うのですが、消費者金融などでは個人事業主になります。

キャッシングに必要な審査で、職業は会社員やパートのように毎月一定の収入がある方と、確定申告などをした上で収入を証明する個人事業主では、利用限度額に差が出ます。これは、収入の安定さの違いですが、高い収入のソープ嬢である場合は個人事業主扱いです。

そして、確定申告ですが、本来は義務になっています。毎月きちんと収入と必要経費を記録しておいて、確定申告をします。その上で、納税をしていたり収入が証明されることで、社会的信用もできます。消費者金融では、そうした書類があれば個人事業主として審査をしてくれ、ソープ嬢でもキャッシングができます。

ソープ嬢の在籍確認は、自宅の固定電話か自分の携帯電話になりますから、勤務先の店への在籍確認の必要もありません。カードローン審査では大手でもこの方法でOKで、銀行カードローンでも同様です。銀行カードローンの場合、専業主婦であればソープ嬢であることを明かす事なく審査が通ります。

その他の風俗嬢の場合でも同様です。日払いだとしても日払い明細があるところなら、収入を証明することができますが、できれば確定申告されることをオススメします。

毎日働いたとしたらかなりの高給取りになりますが、必要経費として衣装やお化粧代やタクシーの領収書があれば、収入から差し引いてきちんとした収入証明書を作ることができます。納税もあるかもしれませんが、風俗嬢という仕事をしている以上、お金にはきちんと片を付けることで、キャッシングの審査にも難なく通ることができます。

貸し金金融会社にとって、風俗嬢を嫌がる傾向にあるのは、お金にだらしないとみられる事も大きいです。仕事はしていてそれなりの収入はあるのは理解できますが、きちんと返済をする意思があるか、収入に関する書類の不備が疑惑を生むのです。

また、金遣いが荒いと見られてしまうのも一種の偏見ですが、日々の収入をメモし確定申告までしている風俗嬢に関しては、金融会社としても文句のつけようがありません。

在籍確認でその店で働いていることが証明できたのなら、風俗嬢であってもお金を借りることができます。最初は限度額が低かったけれど、返済をきちんと行っていたら、増資の誘いをされた体験を持つ風俗嬢もいます。

問題は「水商売NG」ではない事、それがなければ、キャッシングOK


風俗嬢は消費者金融では借りられないのか?一部の金融会社では、はっきりと水商売の方はお断りというところもあります。全ての大手カードローンではありません。

審査が甘いとされる消費者金融では、水商売系の仕事の方でも収入と在籍確認ができれば、審査に対応してくれます。本人の個人信用情報機関に金融事故がない事はもちろんですが、職業で水商売はあまり気にしなくても良いのです。

問題の収入ですが、日払いだし給与明細もないから証明できない方も多いです。店に言ったとして、そんなのものはないと言われる場合もあります。

ちなみにソープ嬢、デリヘル嬢は最初から給与体系ではないので、店側としても収入証明書はないと思ってください。そこで、自分で収入を管理しなくてはならないのです。このような形の収入は、保険の外交員なども似ています。彼女たちも毎年確定申告で収入証明書を作っています。

ですから、とにかく毎日の収入と仕事に関係する必要経費のレシートは保存しておくことです。それで確定申告をすることで、自らの収入を証明することができます。ということで、仕事は風俗嬢ですが、立派な個人事業主ということになり、勤務先はソープランドやキャバレーだったりしますが、従業員ではなく店と契約をしている形になります。

個人事業主名なら在籍確認は本人の携帯電話でOKですが、店側で金融会社の電話似対応してくれるのなら、在籍確認も行ってもらってください、その店で働いていると証明ができることになり、風俗嬢で難なく審査に通る結果になります。

水商売をしているとお金の給与明細の存在がないため、職業も日影的なネガティブになりがちです、しかし、水商売もNGではなく、キャッシング業者の担当者が女性であったり、話しやすい感じであれば、審査なんか怖くありません。特に確定申告書持参の風俗嬢であれば、それだけでも信用度は抜群に上がります。

安定収入と見られない風俗嬢ですが、真面目に勤務している方であれば、かなりの高収入です。もし給与明細書として存在しているのなら、女性としては出世している方かもしれません。

銀行系カードローンとしても、お金にきちんとしていると判断した場合には、風俗嬢の利用も拒むことないでしょう。ただし、高収入だとしても、個人事業主としての申し込みの場合、高額な利用限度額は期待できないかもしれませんが、それも利用実績を積むことでもっと信用度を高くすることも可能です。

風俗嬢だから審査に落ちることはないはず(一部例外あり)


風俗嬢でお金が借りられない方は、仕事や職業の影響だけではありません。審査では職業はもちろん問われますが、これは収入の有無のためです。専業主婦は消費者金融では審査に落ちますが、パートをしている主婦はOKです。これは収入があるからです。

ですから、風俗嬢ということであれば、間違いなく収入が存在していることですから、それを証明することで、カードローン会社でも大手消費者金融でも対応してくれます。ただし、最初から水商売は対象外となっていない金融機関を選択することは当然です。

収入の出処として勤務先を記入しますが、風俗嬢は働いている店になりますが、もし、給与としてもらっていて、店を経営している会社名がわかればその名前を書きます。店の名前ではなく会社名でも良く、風俗店だけではなくいろいろな店を行っている場合もあります。

ここの会社名は電話番号も必要なのですが、それは在籍確認をする時に使用します。この給与を払っているところに、本当にお勤めをしているか確認するためです。難しいことなく、申込者がいますか?と事務的な問い合わせだけです。もちろん店にかけても良いのなら、店名を書くのもありです。

多分、これで収入と在籍確認が出来れば、風俗嬢もキャッシングができます。普通の大手消費者金融の場合は、収入証明書も必要ないですから、あとは運転免許証やパスポート、健康保険証の身分証だけで良いはずです。店舗ではなくインターネットで完結でも良く、問題はないです。

審査落ちしてしまう理由として、信用情報はどうでしょう?過去の借金で返済が滞納していたり、自己破産などの債務整理をしてあまり年数が経っていない、現在多重債務であったりする場合は、風俗嬢が理由ではなく信用情報で審査が通らない事もあります。

また、何度も間違え申し込み回数が多くなってしまうのも審査が通らないことになります。このように風俗嬢だけでは、金融会社では審査を落とすのは、最初から対応しないといっているところだけです。

収入で、給与明細がないため、審査が厳しいこともあります。大体この程度という金額があまりにも大きい時も、収入証明書の提出が必要になることもあります。ソープ嬢などはかなりの高収入ですが、それが証明できるものがない場合は審査が通らなかったり、収入で不審感が持たれることもありますので、確定申告書などがあると良いです。

風俗嬢は堂々と申込みを


風俗嬢が消費者金融の審査に通るためには、いくつか関門があります。収入と在籍確認なのですが、一応確認したいところでは、どのような給与体系になっているかです。

ソープ嬢の場合は雇われている形ですが、消費者金融などの職業別属性でというと、個人事業主になります。自分がソープランドと契約をして働いているので、雇われているとは違う形になります。在籍確認としてソープランドに電話確認をすることもありますが、個人事業主の場合は自分の携帯電話でOKです。

そして、収入に関しては給与明細書は存在していないですから、自分の申告する額が収入になります。キャッシング利用希望額が100万円以下のフリーローンの場合、運転免許証などの身分証があれば審査は通ります。結構簡単なものです。

個人信用情報機関の照会で問題がないことは必須条件ですが。キャバレーなどで店から雇われている場合も同じです。給与明細があれば問題ないのですが、収入は自己申告で、店側に在籍確認ができない環境であれば、ソープ嬢同様に個人事業主として申告することで、自宅の在籍確認が完了です。

ところが、困った情報として、アリバイ会社・ダミー会社などがあります。これは、風俗嬢や水商売では審査が通りにくいので、我が社であなたの給与明細や偽会社を作ってしまいましょうと言うものです。風俗嬢なのに、OLとして審査に通りましょうと提案するものです。

これなら、給与明細も在籍確認も全て対応してくれますから、◯◯株式会社の事務員として、在籍4年です、なんていう嘘申告ができます。このデータですと、風俗嬢以上に信用が厚いですから、利用限度額も高くすることができ、金融会社をうまく騙すことができるというものです。

ところが、日本国内にはあまり多くのこうした危ない会社はないものですから、大手消費者金融も銀行もある程度、把握しているとの情報です。在籍確認のための電話番号で即刻バレてしまう結末になり、審査は当然落ちるだけではなく、申し込みに虚偽申請をしたことで個人信用情報機関へ報告がいき、それだけでブラックリストになります。

キャッシングのための虚偽申請はそれだけで犯罪者になりますから、このような事は絶対にしませんように。きちんと説明をして、在籍確認と返済能力がある風俗嬢はキャッシングができますから、ごまかす事はしないことです。