信用が低い?風俗嬢のクレジットカード審査事情とは


女性が高収入アルバイトをしたいと思ったとき、その代表格になるのがキャバクラや風俗といった仕事です。一般的な女性会社員などと比較して数倍、場合によっては10倍以上のお金を稼げるのがキャバ嬢や風俗嬢の仕事です。特に、風俗嬢に関してはサービスの性質上、高収入が得られる仕事となっています。

しかしながら、このような立場でクレジットカードを作りたいと考えたとき、信用がないなどの理由からカード発行を拒否されることもあるのです。年収額や月収額が高額であれば、クレジットカードなど余裕で作成できそうなイメージを持っている方が多いでしょうが、クレジットカード会社はもちろん、お金を貸す消費者金融やキャッシング会社、銀行なども同じようにカード発行やローン審査でNGと判断することも多いのです。

なぜなら、収入が高いか低いかではなく、その収入が安定しているかどうかです。風俗嬢の場合、職業欄にはアルバイトと書くことが多いのですが、この肩書きがマイナスに作用することもあるのです。そのため、風俗嬢などの仕事をしている人がクレジットカードを作りたい場合、その収入が安定していることを証明することも大切になります。要は、先月200万円の収入があったことを示すだけではなく、ここ数年の収入状況を示すなどの対策が重要です。税務署に確定申告をしているのであればそのような書類を出すことも大切です。

今の時代、クレジットカードがなければ受けられないサービスは意外と多いものです。たとえば、レンタカーを借りるにしても動画サービスを使用するにしても、スポーツジムに通うにしてもカード決済が前提になっていることが多いですし、家を借りる際に必須の場合もあります。さらにカード使用の場合のみに割引が受けられるようなケースもあるため、カードの有無で生活が大きく変わるのです。そのため、このような便利なクレジットカードを問題なく作れるように自分自身の信用性を積極的にアピールしていくことも大切です。

クレジットカードのクレジットとは信用を意味します。そこをアピールして、問題なく返済できるということを証明していきましょう。キャバクラ勤務にしても風俗勤務にしても、真面目にしっかり働いていることは確かなのですから、それを受け入れてくれるクレジットカード会社を探すこともまた大切です。

世間の女性より高収入でもローンやカードの審査が通りにくい事情


年齢や職種、在職年数や勤務状況など様々な要因によって収入は変わります。さらに、正社員なのかなど雇用形態によっても変わります。しかし、今は年収や月収などに相場もあります。たとえば、20代であれば30万円未満が多いですが、30代を超えれば正社員ならば30万円をこえるレベルに達することが多いです。

このようにおおまかな平均額というものがあるのですが、それを凌駕するような金額を得ている人もいます。たとえば、実業家などもそうですし、自営業者や個人事業主などもそうです。また、女性であればたとえアルバイトであっても風俗嬢などであれば、男性以上の収入額を獲得している人もいます。

しかしながら、アルバイトであるため信用度が低いのもまた事実です。さらに、お客さんの入りなどによって収入が日々変動する仕事でもあるため、毎月固定給でもらっているような人に比べてどうしても収入が不安定になるために、その点でも信用度が低いこともあります。

もちろん、一般的な生活をしていく上でそのようなことはほとんど問題にならないのですが、クレジットカード会社にカード発行の申込をする際や、消費者金融やキャッシング会社に融資やローンの申込をする際に、信用がないことを認識させられることもあります。つまり、収入額だけで言えば男性よりも相当高額にもかかわらず、審査が通らないということです。

高収入ならば無条件に通ると思い込んでいる人もいますが、やはりそれぞれのカード会社やローン会社などは安定して収入を得ている人を求めているのです。返済期間が長い場合、今月や来月の収入が高額でもその先はわかりません。これはクレジットカードの場合には余計に意識されます。ほとんどのカードが発行から有効期限まで数年あります。その間の収入状況がどうなのかを審査されるわけですから、結果として収入が不安定だと考えられて審査で落とされることもあるのです。

ただし、このクレジットカードを発行する企業は今はごまんとあります。そのため、個人事業主や自営業者、フリーターなどにも積極的にカードを発行してくれる融通のきく会社への申込をおこない、無事にクレジットカードのある生活を送るようにしましょう。

アリバイ企業などは利用すべき?業者からお金を借りる際の考え方


ヘルスやデリヘル、ソープランドなど、いわゆる風俗嬢という仕事をしている人の中には、アリバイ会社やアリバイサービスを活用している人もいるものです。これは、偽の給料明細を発行してもらうなどして、身内にバレないようにするためのものです。

家族に内緒で風俗嬢をしている人はかなり多いものですが、店名が書かれた明細があればバレます。逆に、働いていることを知らせているのに給料明細が1枚もないのもおかしなことですから、アリバイ会社などを使って用意していることがあるのです。場合によっては、店舗が用意してくれることもあります。そして、こうしたアリバイ会社から供給される書類を身内に見せるためなどに使用するのであればまだ問題ありませんが、人によっては別の用途に使用する人もいます。それが、融資を得るために使用するケースです。

確かに、信用の問題からクレジットカードの発行や消費者金融からのキャッシング、銀行系カードローンの使用時などに審査落ちしてしまうこともあるため、収入証明書類などをアリバイ会社に用意してもらう選択をする人もいます。高収入アルバイトの代表格である風俗嬢ですが、その収入の不安定さなどがデメリットとなり、審査落ちしてしまうことがあるのです。このような経験を過去にしていた場合には、余計にどうにかして審査を通りたいと考えてアリバイ会社の書類を使ってしまうこともあるのですが、これによって仮に審査を通ったとしてもあとから問題になることもあります。

もしも、その事実が業者側に知られてしまうと、一括返済を求められるようなこともあるのです。さらに、信用情報などに傷がつくおそれもありますので気を付けましょう。そもそも風俗嬢などの職種であってもクレジットカード発行を前向きに検討してくれる会社は豊富にありますので、申込先をしっかり厳選しておけばこのような手段を使用しなくてもカードを持つことは可能です。

数多くあるクレジットカード会社の中には、正社員など安定収入が確実にあるような人ばかりを相手にしているようなケースもありますが、一方では自営業やアルバイト、パートタイマーなどを相手に積極的なカード発行をおこなっていることもありますので、そのようなカードに絞り込んで申し込みをおこなってみましょう。

クレジットカードをスムーズに作りたい!風俗嬢にオススメのカードとは?


日々の生活にメリットを与えてくれるのがクレジットカードです。支払いをキャッシュレスでおこなうことができるほか、海外旅行の際には信用を重んじるホテルなどで当たり前に提示を求められるためにカードを保有することはほぼ必須となっています。

また、国内においても、クレジットカードがなければ利用できないサービスが豊富にあるなど、クレジットカードの保有は大人としてはとても重要なことです。さらに、大人になったら最初にとりあえずはカードを作っておいたほうが無難です。なぜなら、たとえば30代に入ってから人生で初めてのクレジットカードを作ろうとすると逆に怪しまれるのです。

今の時代に、クレジットカードの1枚ももっていないという事態はあまり考えられないために、ヒスクレを調べた際に過去の利用履歴がまったく無いと、ホワイトブラックとも称されるような状態に見られてしまうのです。自己破産などをすれば強制的にカードを持てない生活を送ることになり、10年後にどこかのカード会社への申込をすれば信用情報には何も記載されていない真っ白な状態になりますが、このような状況と誤解されてしまうわけです。

自分は自己破産などしていなくても、長年にわたってカードを持っていなかったことが誤解につながるというわけです。そのため、20歳を超えればカードは早めに持っておいたほうが今後のためにもなるのです。

しかし、カードはとても便利なアイテムですが、発行の際には審査があるために必ずカードがもらえるとは限りません。特に、収入が不安定な場合にはカード発行を断られることもあります。その中には、女性の高収入アルバイトの代表格ともいわれる風俗嬢も含まれるのですが、いくら収入が高額であっても不安定だからこそ断られることもあるのです。

もしもこのような事態になった場合、アコムカードなど消費者金融やキャッシング会社などが発行するクレジットカードに興味を持ってみましょう。ほかの業種のカードと比較して審査基準が少々異なるケースが多いため、スムーズにカードがもらえることもあるのです。風俗嬢が様々な利便性や海外旅行のためにカードをどうしても持ちたい場合には、カードの申込先をしっかり吟味しておくことも大切な要素となるのです。

収入が不安定な人でも即座に作れるクレジットカードを知りたい


働く人々の雇用形態は様々です。正社員の人もいれば契約社員もいますし、派遣社員も多いです。また、アルバイトやパートといった雇用形態や業務委託などもあります。そのため、肩書きに関しても会社員が多いものの自営業者や個人事業主などもいます。さらに、職種も色々で公務員など様々なものがあります。

このように、働くといってもその詳細は個別に異なっています。しかし、ローン審査やカード審査などで重要なのがこうした働き方でもあります。住宅ローンや自動車ローン、医療ローンや教育ローンなどの各種ローン審査では収入額も重要ですが、雇用関係も問われます。公務員や大手企業の正社員はこうした審査でほぼ無敵と言われるほどに強いのですが、その一方でアルバイトやパート、さらには個人事業主などは少々厳しいものがあるのも事実です。

銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社、さらにはクレジットカードなど申込にあたって審査があるものは意外と多いのですが、こうした審査を受ける際にその点が重要視されます。そのため、たとえば女性にとってみれば超高額な収入を得られるような風俗嬢という仕事であっても、あくまでも雇用形態がアルバイトなどであれば審査では厳しい目で見られることになります。

もちろん、稼いでいるのであればキャッシングやカードローンは不要かもしれませんが、風俗嬢であってもクレジットカードを持ちたいという人は多いはずです。支払いは現金でもできますが、エステや豊胸手術など受けるサービスによっては、クレジットカードでなければ払えないものもありますし、旅行の際や大きな決済が必要な場合には需要なアイテムとなってきます。そのために、風俗嬢がクレジットカードを作りたいと願うこともありますが、それが審査によって弾かれてしまうこともあるのです。

もしも、このような状況になったら大切なことは闇雲な申し込みをしないことです。1つ目の会社で落ちたからといって適当に次々に申し込むと、その事実が信用情報機関に登録され他の会社も閲覧可能になります。そして、申し込みを繰り返していることがわかると、本来風俗嬢でもカードが作れる会社であっても審査で落とされることがあるのです。そのため、闇雲に申し込まずに個人事業主や自営業者、さらにはフリーターなどにも積極的にカードを発行している会社への申し込みに限定して、確実な路線を狙ってカードを無事に発行してもらいましょう。