↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


休業手当のある風俗店もあり

新型コロナウイルス感染症によって、今なお夜の街は危険地帯として報道されています。

キャバ嬢もその被害者といえるでしょう。しかし、緊急事態宣言後のキャバ嬢は不自由ながらも仕事ができる喜びがあるといいます。

夜の街関連というけれど

これは、夜の街で勤務する方全員が思っていることでしょう。それは、夜の街のひとくくりにしないでということです。

あるキャバ嬢の仕事では、お客さんとの距離を取り、接触なしでも来てくれるお客さんに対しては、最大限のサービスをしているといいます。もちろんソーシャルディスタンスを守った上で、キャバ嬢としてのしごとの毎日です。

緊急事態宣言の間は、収入がゼロだったと言います。

キャバ嬢の休業手当は原則なし?

これはキャバレーの問題です。あるホストクラブでは、休業手当として、少しの金額ですが、でたと言います。こうした風俗店はきっと少ないと思われるでしょう。

それが、緊急事態宣言後にソーシャルディスタンスをとった上でのキャバ嬢としての毎日はホッとしているという声がありました。感染対策をした上でのキャバレーでは、原則安心して遊べるということです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


お店からの休業手当

店によって金額が違うのですが、出たところもあるというのは良心的なことでしょう。または、休業要請出あるとしても営業をしていたというキャバ嬢もいます。大きな声では言えないのですが、それでも感染者が出なかった点では、一安心でしょう。

実質、夜の街がクローズアップされてしまうのは、キャバ嬢等では濃厚接触者になってしまうこと。1人がコロナ感染者であればあっというのに感染拡大してしまう。その防止の休業要請でしたが。

休業手当があるのなら

風俗店の休業手当、ホステスには休業手当を支払って休みにしている。そんなところもあれば、休業手当もなく、店長とも連絡が取れない。緊急事態宣言解除されたというのに、呼ばれないというキャバ嬢もいます。

そして、地方ですが、キャバレーそのものがコロナの感染拡大の影響で倒産してしまったという事実もあります。

なかなか現実は厳しい

キャバ嬢が、コロナ感染拡大によって受ける影響は多大なものです。

キャバ嬢という仕事の性質上では、接触なしの仕事にならないこともあります。まだ、世間的には堂々とキャバ嬢で稼げる形にはなっていないのですが。

国で提供している支援策等がありますが、キャバ嬢で申し込みができるものを探してみましょう。今さら、店長に休業手当なんてありますか?と言えない雰囲気もあります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


新しい様式のキャバ嬢

キャバ嬢にも新しい風が吹きつつあります。これは、日本水商売協会がスマキャバの形でオンラインキャバレーになります。

キャバ嬢はお店で待機。客は、オンラインを通じてのドリンクの注文等ができます

スマキャバの現実

緊急事態宣言解除になりましたが、世間的にはオンライン○○の形が定着しつつあります。

風俗店等で作る日本水商売協会は、少しでもキャバ嬢のヘルプになればと工夫をしています。オンラインキャバレーであれば、感染予防もなく、ウイルス拡散もなく、キャバ嬢が仕事ができることになります。

全国のキャバレーでの普及でありませんが、こうした形のキャバレーも生まれています。

今は我慢のとき

キャバ嬢も収入が激減してたまらない状態ですが、キャバレーとしても大変な時期です。早々にこうしたオンラインの利用した営業をしていたところでは、キャバ嬢としてもずっと収入があったことでしょう。いつもよりはずっと少ないのは現状ですが。

接待飲食店においては、100%の感染予防をして客を招き入れるか、オンライン等の方法しかありません。休業要請のときは、休んでいた。その間のキャバ嬢の補償などはしていたところとしていないところがありますが、スマキャバ等の採用をしているところでは、休業要請があったとしても営業していたということです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


休業補償は難しい

どこまで対応しているかによりますが、雇用調整助成金等のシステムがないキャバレー等ではきびしい内容でしょう。実際に収入がないことで苦労してしまったキャバ嬢も少なくないのです。

補償がないキャバレーは多いことでしょう。各自治体等で店に対する休業補償がある としてもキャバ嬢の手に渡ることはありません。

キャバ嬢がダメなら

キャバ嬢を辞めるという選択もありますが、実際にコロナの影響は全業種に渡っています。あるキャバ嬢は、コロナの休業要請があり、2ヶ月収入がゼロだったと言います。休業補償等もなく、特別給付金10万円だけが収入だったと言います。

色々な支援があることもわかったのですが、キャバ嬢として確定申告をしていないことには話しにならないという現実を見たと言います。そして、今さらキャバ嬢以外の仕事はできないとずっと店の再開を待っていたと言います。

実際にはこうしたキャバ嬢が多いのでは?というところでしょう。どんな生活をしていた?という点はちゃっかり貯金が多いキャバ嬢等もいます。悲喜こもごももキャバ嬢ですが、キャバレーの再開でマスクして、フェイスシールドをした上で、ソーシャルディスタンスキャバ嬢をしているというのも今の新しいキャバ嬢の形でしょう。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


確定申告しているキャバ嬢は持続化給付金の申し込みができる

キャバ嬢等の風俗嬢などは、コロナにおける支援策があるのでしょうか?雇用調整助成金等は勤務先の対応になりますが、個人としてのキャバ嬢がコロナによって収入等が少なくなったときに利用できるものもあります。

確定申告の有無

これは大きなポイントです。キャバ嬢として確定申告をしている方は少ないとのデータもあります。

それって何?という声も聞こえそうですが、キャバ嬢等の風俗嬢は給料の体系によっては、確定申告をしなければならないとなっています。その給料が、アルバイト的であれば、年収50万円程度ではキャバ嬢としての確定申告が必要です。

キャバ嬢なのに確定申告?

意外に感じられる点では、世間的にきちんと対応していないことになります。キャバ嬢だからというのではなく、自分で稼ぎ、自分で納税をしていることの自覚ではキャバ嬢のしごとは確定申告は不可欠になります。

コロナの支援金、給付金等では確定申告をしていることでどんな職業でも個人事業主として対応します。その上で持続化給付金の対象になりますが、キャバ嬢も含まれることになります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


風俗店は何も言わなかった

確定申告の必要性を言う風俗店は少ないでしょう。風俗店で確定申告をしなさいと指導してもしない風俗嬢も多いようです。それは、面倒だからです。

確定申告についてはインターネット等にも情報がありますが、1年間かけて帳簿等を付ける習慣がなくてはならないでしょう。個人事業主と言えば、帳簿が命です。税理士等にも相談ができますが、とにかくキャバ嬢で確定申告をしている場合は、給付金だったり、融資の申し込みができることがあります。

確定申告をしていないキャバ嬢は、具体的な支援等はありませんが、キャバレーの店の対応に期待するしかないでしょう。

確定申告しているのなら

昨年の収入もわかり、書類がある。上限100万円の持続化給付金の申し込みができます。

ただし、前年同月比で50%減少していることが必要です。昨年3月の収入が50万円で、今年は休業で10万円しかない。このような減少がわかれば良いです。あとは収入の振込、確定申告等のスクショ、添付書類にして、インターネットで申し込みするだけです。

100万円というのは、50%の差額に12をかけた分。1年分という形での給付になります。接客業としてのキャバ嬢の業務で対応しますので、支援はしてもらえます。確定申告している個人事業主で業種がキャバ嬢という内容になります。

収入が多ければ、それまでに納税もしていますし、社会的には個人事業主としての立場です。キャバ嬢とは言え、個人事業主で事業をしている方と同じです。

もし、確定申告をしていて、前年同月比50%以上の減収してしまったのなら、持続化給付金の申し込みはオススメです。2021年1月までが申し込み期限です。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


コロナ感染拡大だけどキャバ嬢は働く?

コロナ感染拡大の影響は、接待飲食店には多大なものでした。未だに100%の営業ができない状態です。

世間的には夜の街は危ないとされています。キャバ嬢としても立場的には複雑です。

あるキャバ嬢に聞いた現状

あるキャバレーの話しですが、休業要請の間も営業していたと言います。なんとなく消毒でしたがソーシャルディスタンス等もあってないような感じということです。少し前までは、簡単PCR検査は受けられない状態ですが、今は受けられます。

緊急事態宣言のときは、検査も受けられないのでそのまま。そこで、緊急事態宣言中も普通に営業していてキャバ嬢としては不安と思いながらも営業していたということです。

なんとか無事にここまで来た

このキャバレーの選択ですが、キャバ嬢にしても休業してしまったら食べて行けないということです。

支援としては、特別給付金10万円もありも役所に行けば相談もできます。キャッシング等は返済ができないので、絶対に借りれない。ただでもキャバ嬢は売れっ子になれば相当な高級取りです。

そんなに簡単に支援や補償もできない。風俗店としては、苦渋の決断として休業しない。コロナ感染者も出なかったことで事なきを得たということですが。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


キャバ嬢に聞いてみた

このキャバレーで勤務していたキャバ嬢が言うにはもとても怖かったということです。コロナのお客さんが来たらどうしようということで、自分でも最大に気をつけたと言います。

案外と見つからないもので、一部のお客さんには、そっとライン等で連絡してなんとか収入になったと言います。そうでもしないとキャバ嬢たちは生きていけないということです。

ナイト業界としては

非常に辛い選択ですが、こうしたキャバ嬢も多かったでしょう。コロナ感染者がでなかったことで良かったということですが、皆が思っている以上に感染対策はできています。何も無いときのように楽しむことができないのですが。

報道から

例えば、コロナ感染拡大でパチンコが標的に遭いました。その時に、経営維持のためには営業をしなくてはならない。これは、夜の街でも同様です。華やかな感じですが、案外と自転車操業での営業も少なくなく、キャバ嬢にもろくに休業手当も払うことができないのも実情です。

してはならない時期のキャバレーですが、その間ずっと働いたキャバ嬢たちもいます。こうしたホステスなどは、支援として営業していることが大きなポイントになりますが。

こうした行動が夜の街では誤解されてしまうのですが、キャバ嬢としては国としてもきちんとした支援が無いのが本音のことでしょう。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


社会福祉協議会の緊急小口資金は借りれる?

コロナの感染拡大の影響で、収入が少なくなった。融資などでは○%減少などの数字が必要です。普通に働く方はあまり融資には縁がありませんが、1つだけ誰でも借りれる貸付があります。

キャバ嬢も申し込みができる

それが社会福祉協議会の緊急小口資金です。上限で20万円の貸付ですが、キャバ嬢であっても、コロナで仕事が少なくなった、収入が減ったことの証明ができることで借り入れができます。今、コロナだからの緊急貸付制度です。

ちなみに、コロナのことが無いとして、社会福祉協議会でキャバ嬢として緊急小口資金の申し込みができます。その時には、色々と審査があります。借りれないことはありませんが、多少面倒です。

コロナが原因という点では、キャバ嬢だけど借りたい。あとは、審査がありますが、普通のとはよりは対応は柔軟です。風俗店勤務で休業してしまい、生活ができない。そうしたキャバ嬢に対しては、少額ですが借り入れが可能です。もし、コロナ感染者であれば20万借りれます。

無利子の緊急小口資金

緊急小口資金は、無利子です。そして、1年間は据置期間がありますが、キャバ嬢のしごとが元に戻りすぐに完済しますというのは大歓迎です。

要するに、一時的にコロナの影響でお金が不足してしまった。それが、キャバ嬢としても会社員だとしても緊急小口資金はあくまでも福祉貸付制度としての取扱であり、たいてい借りることができるでしょう。返済も1年後からでもOKです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


実際はどうですか?

今になってコロナの支援というのも、一番たいへんな時期は過ぎたという方もいます。

緊急事態宣言解除になりましたが、東京などは夜の街はデンジャラスターゲットになっています。それでも、キャバ嬢にもお客さんが戻ってきた口コミもあります。今まではなんとかなったけれど、これからお金が不安というときには、社会福祉協議会の緊急小口資金がオススメです。

確定申告しているのなら

前年同月比50%減少したのなら、持続化給付金の対象になります。今から慌てて確定申告する手段もありますが、きちんと考えて行わないと、納税額が大きくなってしまうことがあります。

キャバ嬢は、確定申告は必要な人は多いです。又、確定申告していることで、こうした持続化給付金の給付も受けられるということです。こればかりではなく、確定申告をしていないのなら、来年からの確定申告はしてください。

これからのキャバ嬢には必須のことになりますが、確定申告の準備では1年かけて少しずつ行うことが必要になります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓