↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓



風俗業界は、2月は閑散期と言われています。
それでもいつもの年なら、それでもお客さんは存在しています。
しかし、新型コロナウイルス感染症が流行している今年は異常事態だと言います。

濃厚接触は当たり前

週刊誌の記事ですが、あるソープ嬢が新型コロナウイルス感染症の感染がとても不安で、仕事は大丈夫でしょうか?と質問がありました。
その回答では、新型コロナウイルス感染症は飛沫感染だと言われています。
そして、ソープ嬢の場合は、きれいな環境でもお仕事です。
お客さんには、手を洗ってもらい、うがいをしてもらった上に、マスクをしてのサービスであれば、感染の不安が減少しますとのこと。
極端な言い方ですが、この方法ですと、新型コロナウイルス感染症の感染の不安がないということです。

粘膜での感染の不安は少ない

肺炎ですから、感染源は飛沫であり、ウイルスです。
性病のように粘膜接触の場合はそんなに感染しないということです。
あまり関係ない方にとっては、それではソープに行っても楽しみも半減してしまうということです。
ですが、ソープ嬢にしてみれば、怖いことです。

唯一の救いと言えば

新型コロナウイルス感染症は、高齢者が重症しやすいと言います。
若い方では、今のところ重症化しないとされています。
せめてもし新型コロナウイルス感染症にかかったとしても、本人はたいした症状にはならないということです。
しかし、検査で陽性になってしまったら、2週間は自宅待機になります。
もともと客の相手をしないとお金にならないことですが、ソープ嬢としては、非常に辛いことでしょう。
飛沫感染を防ぐために、体だけの濃厚接触で楽しむ。
サービス内容の変更ということもできないことではありませんが、客が新型コロナウイルス感染症にかかっていなければ安心なのですが。

ソープ嬢の不安

もし感染してしまったらどうしよう?
国の基準としては、37.5度以上の熱が4日続いたとしたら、速やかに病院に行くことです。
それで感染してしまったら、風俗店にも申し出て自宅待機しかありません。
その時に、感染した事実を言わないで、お店に出ることだけはしないでください。
ソープ嬢が悪いのではなく、新型コロナウイルス感染症をうつされたことは仕方のないことです。
開き直りではなく、これだけ国内に蔓延している今は、ソープ嬢も危ないことになります。
くれぐれも気をつけてと言いたいのですが、こればかりは新型コロナウイルス感染症のお客さんが来ないことを祈るだけです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓