自分は風俗だから借りられないかもしれない?実は水商売だから借りれないとかは無いですよ。店員さんや風俗嬢の方のための消費者金融情報です。

風俗でもお金借りる【消費者金融情報】店員さん・女の子のための金融

fuuzoku360x120.jpg

キャバ嬢 水商売 キャッシング

  1. キャバ嬢のような水商売でもキャッシングできる?
  2. 消費者金融会社で借りる
  3. 消費者金融会社でキャッシング
  4. なんとかしてキャッシングしたい
  5. キャバ嬢のような水商売でもキャッシングできる
 
fuuzoku360x120.jpg
 

キャバ嬢のような水商売でもキャッシングできる?

キャバ嬢のような水商売で働いている人は、キャッシングできるのでしょうか。考えられるケースでは、昼間は普通にOLとして働いている人が、夜はアルバイトでキャバ嬢やっているといった人でしたら、銀行カードローンの審査も昼間のOLとして融資の申込みをすると、楽々審査に通ることでしょう。審査に厳しい銀行カードローンなのですが、正規雇用されているOLでしたら、問題なく審査に通ることだと思います。

また、銀行カードローンの審査に仮に通らなかったとしても、消費者金融会社のカードローンの審査には通ることでしょう。いずれにしても、昼間は雇用形態が正規雇用として働いていることが条件となるのです。

そういった場合は、銀行カードローンでも消費者金融会社のカードローンでも、問題なくキャッシングローンの審査に通ると思います。それは、カードローンの融資基準に「安定した収入のある人」という項目があります。特に銀行カードローンの場合でしたら、この文言が大きな決め手になるのです。というのも、安定した収入の定義が正規雇用されている正社員ということになるからです。

夜はキャバ嬢として水商売で働いている女性でも、昼間は正社員として働いているのでしたら、勤務先は昼間の会社として、銀行カードローンに申し込みをして、カードローン審査を受けることでしょう。電話による在籍確認も昼間の勤務先ですから、問題なく審査に通ることができるはずです。銀行が定義する、「安定した収入」というのが正社員を指すのは、正社員の雇用が保証されているからです。無闇にクビにすることはできませんから、それが決め手となって融資を受けることができるというわけですね。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行が口座開設者からお金を預かっているのが大きいのです。というのも、そういった預かったお金が銀行カードローンの原資になるのですから、貸し倒れといったリスクはできるだけ避けなければいけません。そのため銀行カードローンの審査には厳しくなるということですね。銀行はもともと、法人向けに融資をしてきた経緯があります。そのため、フリーローンなどの金融商品を用意していても、それほど個人向けには熱心ではなかったという経緯があるのです。

もっとも、最近では地方銀行を中心に銀行の収益が悪化したという経緯もあって、銀行カードローンの過剰融資も問題になっています。そういったこともあって、一時的に銀行カードローンが借りやすい時期があったのですが、最近は金融庁の通達などもあって、審査基準が厳しくなったということです。

それでは、キャバ嬢が専業で水商売をしている人はどうでしょうか。銀行カードローンで、ローン審査に通ることができるのでしょうか。カードローン利用には信用が大切になります。キャバ嬢などの風俗店で働いている女性の信用度はどうかというと、職業ではなく、収入面がどうなのか雇用形態がどうなのかを考えなくてはいけません。正社員としてキャバ嬢で働いている人はいないでしょう。キャバ嬢はアルバイトという人がほとんどすべてのはずです。ということは時給で働いているということになるのです。

その時給がとても高く、キャバ嬢は高収入であるとも言えるのですが、それもきちんと出勤して働いてのことです。働かなければアルバイトの時給者ですから、収入は1円もありません。ですから、前述した銀行カードローンの融資条件では、安定した収入とは言えないかもしれません。高収入のキャバ嬢でしたら、月に100万円稼ぐという人もいるようです。しかし、これもがんばって働いての収入ですから、翌月まったく働かなければ収入はゼロです。

これは正社員でも同じことが言えるのですが、雇用が保証されている正社員と違ってキャバ嬢は保証されていません。いうなれば個人事業主と考えていいかもしれません。そういったことからキャバ嬢が銀行カードローンに融資の申込みをして、審査に通ってキャッシングできるということは難しいと言えそうです。

それに銀行側としたら、キャバ嬢でがんばれば高収入を得られるのに、さらに融資の申込みをするのはどうしてかということになるのです。銀行としては借金癖があるのでは、あるいはお金に困っているのではということになって、融資の申込みに対して審査をパスさせるにはリスクが高いと見るわけです。

そこにはキャバ嬢のイメージというか、水商売のイメージがあるのは間違いないでしょう。それはどういったイメージかというと、一つの仕事をずっと続けていかないイメージですね。だからこそ、銀行も融資の申込みに対して首を縦に振らないわけなのです。

それでは、キャバ嬢のような水商売で働く人が、お金を借りたいと思ったらどこから借りたらいいのでしょうか。銀行カードローンで借りることができなかったら、消費者金融会社で借りるのが一般的です。銀行カードローンよりも消費者金融会社のカードローンの審査にほうが審査基準は低くなっているので、キャバ嬢のような水商売の人でもお金を借りることができるでしょう。

本来消費者金融会社のカードローンは、パートアルバイトの人の融資の申込みに対して寛容な態度を取ってきました。ですから、消費者金融会社のカードローンの審査にキャバ嬢でもパスすることができるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に落ちた場合、消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをするようになります。この場合、問題なく審査に通ると思っていても、審査に通らない場合もあります。

やはりキャバ嬢のような水商売の仕事をしていると、消費者金融会社のカードローンの審査に通らないのかということになるのですが、これは、銀行カードローンに融資の申込みをして審査に落ちて、すぐに消費者金融会社のカードローンに、融資の申込みをした場合に起こりえることです。

これは、銀行カードローンの審査に落ちたということを、信用情報機関を通じて共有されていることから起こることです。消費者金融会社もキャバ嬢からの融資の申し込みをして、信用情報機関に信用情報を照会します。そのときに、銀行カードローンの審査に落ちたという情報を得ると、お金に困っているのでは、借金癖があるのでは、ということで、消費者金融会社の審査に通らなくなるのです。これを申込みブラックと呼ばれています。

審査に落ちたという情報を照会で得ると、やはり自分のところのカードローンの審査に通すわけにはいかなくなるということですね。この審査に落ちたという情報は半年間は信用情報機関に記録されるそうですから、半年過ぎるのを待って消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしなくてはいけません。

また、キャバ嬢で働いているということで、何か借金を抱えているのではということも、消費者金融会社側では勘ぐってしまうのです。女性の場合、いきなりキャバクラで働くということはないでしょう。何かしら最初は正社員で働いていて、正社員の時代に銀行カードローンやあるいは、消費者金融会社のカードローンで大きな借金をして、その返済のためにキャバ嬢になったという図式が考えられるのです。少し昔のような考え方になってしまいますが、実際には、借金の返済にために、本腰を入れてキャバ嬢で稼ぐために、勤務先を退職するという女性も少なくないのです。

もっとも、すでにたくさんの借金がある場合でしたら、消費者金融会社といえどもそれほど多額の融資はしないでしょう。正社員時代に銀行などで多額の借入れがあった場合、さらに消費者金融会社で借金を使用とすると、借金の返済のたまに借金をするのではないかと考えるからです。

しかし、実際には消費者金融会社では審査通貨はそれほど難しいことはないかもしれません。というのは、過去に債務の返済に対して、延滞履歴がなければ、それほど問題視しないことが多いのです。ですから、消費者金融会社のカードローンは借りやすいというのがこの点にあるということですね。

それでも注意したいのは、消費者金融会社のカードローンですが、これはアコムやプロミスといった大手消費者金融会社しか取り扱っていません。他には中消費者金融会社消費者金融会社の一部で、取扱いがあるだけです。大手消費者金融会社の中には、最高で800万円の融資が可能と書いてある広告もあります。

しかし、借りることのできる額は、消費者金融会社としてトータル出年収の3分の1です。前年の所得が対象となるので、仮にキャバ嬢が1,000万円の収入があったとしたら300万円程度は借りることができる計算になります。これは、消費者金融会社から借りることができるお金は、年収の3分の1と決められている総量規制があるからです。逆に考えると、銀行カードローンは総量規制の対象外ですから、極端に言えば銀行からの借金が1,000万円程度ある場合も十分に考えられるということですね。

そういった場合でも、消費者金融会社からはお金を借りることができます。もっとも、総量規制対象外といっても借金の額は考慮されるので、返済能力がないと判断したら、消費者金融会社のカードローンといえども借りることはできないのです。総量規制は消費者金融会社からの借入れの増大を防ぐためであって、審査云々はまた違った部分ということになるのです。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

消費者金融会社でキャッシング

消費者金融会社で、なんとかキャッシングしたいと考えるキャバ嬢も少なくないでしょう。職業はそれほど重視されないのですが、カードローン会社によっては在籍確認の電話を入れるところがあります。

キャバクラ店などはアリバイ会社を持っているので、というよりもきちんとした社名を持っているので、職業や勤務先をキャバクラ店にする必要はありません。事前にアリバイ会社に連絡を入れておくことで、いいように対応してくれることでしょう。

消費者金融会社のカードローンの場合は、きちんと働いているのかどうかを確認するために、在籍確認の電話を勤務先に入れることはよくあるのです。また、銀行系カードローンでもその傾向には変わりがありません。ですから、在籍確認電話は、融資の申込みの際に確実にあるということをしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

消費者金融会社のカードローンの審査はそれほど厳しくないとされていますが、在籍確認が取れなければ審査に通ることができないことが多いので、キャバ嬢の場合はアリバイ会社を頼って、審査がパスすることができるということですね。仮に、借入額が多いとか、過去に延滞履歴があるといった場合、消費者金融会社のカードローンの審査に通ることは難しくなるかもしれません。

消費者金融会社は、カードローンを取り扱っている大手消費者金融会社ばかりではありません。消費者金融会社は全国で2,000社近くあって、大手消費者金融会社はその中でも数社程度にしかすぎないのです。他の消費者金融会社は、大手消費者金融会社よりも業容の小さい、中小消費者金融会社、さらに街金といった小規模な消費者金融会社がほとんどということですね。

ですから、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちた場合でも、中小消費者金融会社、さらには街金でお金を借りたらいいのです。その際は総量規制などの問題もクリアしなければいけません。さらに、中小消費者金融会社の中には、複数の借り入れを一本化してくれるおまとめローンに特化した中小消費者金融会社もあります。そういった中小消費者金融会社から融資を引き出すのも一つの方法です。

総量規制の問題があるから、おまとめローンは難しいのでは?という意見もありそうですが、総量規制というのはカードローンや通常のフリーローンといった目的自由なローンについて、総量規制の対象となります。おまとめローンは目的ローンに分類されますから、総量規制を受けません。ですから、複数の債務がある場合は、債務の一本化をするためにも、おまとめローンを活用したほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

なんとかしてキャッシングしたい

キャバ嬢でもクレジットカードを持っていると思います。クレジットカードにはキャッシング機能が付いているので、それを利用してキャッシングするという方法もあります。

もっとも、クレジットカードのキャッシングの限度額はショッピング枠と共有しているので、あまり借りすぎるとクレジットカードでのショッピング枠が減ってしまいます。ですから、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのは、危急のときだけにしたいものです。

それと、クレジットカードのキャッシングの金利はかなり高いです。返済利息も借りた翌日からカード会社は利息計算をしてきます。ですから、キャッシングをした翌月の支払日は思った以上の金額になっている場合があるのです。

したがって、クレジットカードのキャッシングは便利なのですが、使いすぎには気をつけたほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

キャバ嬢のような水商売でもキャッシングできる

水商売をしている人は、お金を借りることができない。お金を借りることができないからキャバ嬢になるんだという都市伝説に似たような風評があります。

しかし、キャバ嬢のほうが一般的には高収入なので、消費者金融会社からはかなりの額のキャッシングができると考えていいでしょう。

もっとも、コツコツと働いて、前年の年収などが高収入になっていたらの話ですし、それを当年も維持しないと、返済できないことになってしまいます。

ですから、キャバ嬢でキャッシングできるということは、その前提としてしっかりと水商売として働いていることが条件となるのは間違いないのです。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg

収入があればキャバ嬢もキャッシングができる

以前は、水商売の方のキャッシングができないとされていました。 最近では、カードローン会社でも、収入証明と在籍確認が取れる方については、申し込み対象としています。 アルバイトやパートでも借りれる消費…

審査で重要な在籍確認 キャバ嬢は店か会社名を明記

キャッシングの申し込みの審査では、在籍確認が存在しています。 これは、大手消費者金融、中小消費者金融、銀行カードローンも同様です。 借りたい方がどこで勤務しているか?勤務先に直接担当者が電話をする…

水商売では難しいキャッシング?店側の事情

ある水商売のオーナーの話です。 職業柄、お金の出入りが多く、かと言ってキャバ嬢の管理はできない部分です。 お金を借りる時には、大手消費者金融や銀行カードローンだけにしなさいと言っているということで…

アリバイ会社を使いたい時、でもちょっと待った

キャッシング禁止。もしくは、ちょっとお金が足りないと言えない事情のキャバ嬢はいませんか? どうしてもキャッシングしたいけれど、どうしたら良い?という質問に、簡単だよ、アリバイ会社を使えば良いとの事。…
fuuzoku360x120.jpg