自分は風俗だから借りられないかもしれない?実は水商売だから借りれないとかは無いですよ。店員さんや風俗嬢の方のための消費者金融情報です。

風俗でもお金借りる【消費者金融情報】店員さん・女の子のための金融

fuuzoku360x120.jpg

ソープ嬢も風俗嬢もこうしてお金は借りられる

005-16_2.jpgソープ嬢の給与は、店からのものではないとも思うのですが、消費者金融などでは、個人事業主になります。
キャッシングに必要な審査で、職業は会社員やパートのように毎月一定の収入がある方と確定申告などをした上で収入を証明する個人事業主では、利用限度額に差が出ます。
これは、収入の安定さの違いですが、高い収入のソープ嬢である場合は、個人事業主扱いです。
確定申告ですが、本来は義務になっています。
毎月きちんと収入と必要経費を記録しておいて、確定申告をします。
その上で、納税をしていたり、収入が証明されることで、社会的信用もできます。
消費者金融では、そうした書類があれば、個人事業主として審査をしてくれ、ソープ嬢でもキャッシングができます。
ソープ嬢の在籍確認は、自宅の固定電話か自分の携帯電話になりますから、勤務先の店への在籍確認の必要もありません。
カードローン審査では、大手でもこの方法でOKで、銀行カードローンでも同様です。
銀行カードローンの場合、専業主婦であれば、ソープ嬢であることを明かす事なく、審査が通ります。

その他の風俗嬢の場合でも同様です。
日払いだとしても、日払い明細があるところなら、収入を証明することができますが、できれば確定申告されることをオススメします。
毎日働いたとしたら、かなりの高給取りになりますが、必要経費として、衣装やお化粧代、タクシーの領収書があれば、収入から差し引いて、きちんとした収入証明書を作ることができます。
納税もあるかもしれませんが、風俗嬢という仕事をしている以上、お金にはきちんと片を付けることで、キャッシングの審査にも難なく通ることができます。

貸し金金融会社にとって、風俗嬢を嫌がる傾向にあるのは、お金にだらしないとみられる事も大きいです。
仕事はしていてそれなりの収入はあるのは理解できますが、きちんと返済をする意思があるか、収入に関する書類の不備が、疑惑を生むのです。
また、金遣いが荒いと見られてしまうのも一種の偏見ですが、日々の収入をメモし、確定申告までしている風俗嬢に関しては、金融会社としても文句のつけようがありません。
在籍確認で、その店で働いていることが証明できたのなら、風俗嬢であっても、お金を借りることができます。
最初は限度額が低かったけれど、返済をきちんと行っていたら、増資の誘いをされた体験を持つ風俗嬢もいます。
fuuzoku360x120.jpg