自分は風俗だから借りられないかもしれない?実は水商売だから借りれないとかは無いですよ。店員さんや風俗嬢の方のための消費者金融情報です。

風俗でもお金借りる【消費者金融情報】店員さん・女の子のための金融

fuuzoku360x120.jpg

風俗嬢だから審査に落ちることはないはず(一部例外あり)

02_11.jpg風俗嬢でお金が借りられない方は、仕事や職業の影響だけではありません。
審査では、職業はもちろん問われますが、これは収入の有無のためです。
専業主婦は消費者金融では審査に落ちますが、パートをしている主婦はOKです。
これは収入があるからです。
ですから、風俗嬢ということであれば、間違いなく収入が存在していることですから、それを証明することで、カードローン会社でも大手消費者金融でも、対応してくれます。
ただし、最初から水商売は対象外となっていない金融機関を選択することは当然です。

収入の出処として勤務先を記入しますが、風俗嬢は働いている店になりますが、もし、給与としてもらっていて、店を経営している会社名がわかればその名前を書きます。
店の名前ではなく、会社名でも良く、風俗店だけではなくいろいろな店を行っている場合もあります。
ここの会社名は、電話番号も必要なのですが、それは在籍確認をする時に使用します。
この給与を払っているところに、本当にお勤めをしているか確認するためです。
難しいことなく、申込者がいますか?と事務的な問い合わせだけです。
もちろん店にかけても良いのなら、店名を書くのもありです。

多分、これで収入と在籍確認が出来れば、風俗嬢もキャッシングができます。
普通の大手消費者金融の場合は、収入証明書も必要ないですから、あとは運転免許証やパスポート、健康保険証の身分証だけで良いはずです。
店舗ではなく、インターネットで完結でも良く、問題はないです。

審査落ちしてしまう理由として、信用情報はどうでしょう?
過去の借金で、返済が滞納していたり、自己破産などの債務整理をしてあまり年数が経っていない、現在多重債務であったりする場合は、風俗嬢が理由ではなく、信用情報で審査が通らない事もあります。
また、何度も間違え申し込み回数が多くなってしまうのも審査が通らないことになります。
このように、風俗嬢だけでは、金融会社では審査を落とすのは、最初から対応しないといっているところだけです。

収入で、給与明細がないため、審査が厳しいこともあります。
大体この程度という金額があまりにも大きい時も、収入証明書の提出が必要になることもあります。
ソープ嬢などはかなりの高収入ですが、それが証明できるものがない場合は、審査が通らなかったり、収入で不審感が持たれることもありますので、確定申告書などがあると良いです。
fuuzoku360x120.jpg