自分は風俗だから借りられないかもしれない?実は水商売だから借りれないとかは無いですよ。店員さんや風俗嬢の方のための消費者金融情報です。

風俗でもお金借りる【消費者金融情報】店員さん・女の子のための金融

fuuzoku360x120.jpg

デリヘル嬢 お金借りる

  1. デリヘル嬢がキャッシング審査通過するコツ
  2. デリヘル嬢の申込み、きちんと正確に伝えて
  3. デリヘル嬢の在籍確認について
  4. デリヘル嬢の確定申告
  5. デリヘル嬢だけど、別の顔でキャッシング?
 
fuuzoku360x120.jpg
 

デリヘル嬢がキャッシング審査通過するコツ

デリヘル嬢の給与はなかなかのものです。
地方のデリヘル嬢でも稼ぐ子は時給7,500円という場合も。
日当で20万円と言う高給取りもいたりします。
人気の問題ですが、デリヘル嬢は、客からの半額が収入になるようです。
 

デリヘル嬢でも大手消費者金融でキャッシング

はっきり言って、デリヘル嬢の場合は、収入だけでも十分にキャッシングができることでしょう。
返済能力で言えば、民間企業の社長よりも多い?という場合も。

ただ、長年できる仕事ではないこと。
せいぜい30歳くらいまで?というのが一般論ですが、最近は美魔女、人妻などでデリヘル嬢の年齢層は広がっています。お金のために働く、デリヘルが好きという人もいますが、カードローンがほしい、クレジットカードもほしい方も多いです。やり方を正しく行うと、審査は通ります。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

給与はどうなっています?

まずはここが肝心です。
給与が毎月一定であり、給与明細までがあるのなら、なにの心配もないです。
申込者は職業はデリヘル嬢、月収は80万円。
これが給与明細ですというのなら、担当者が限度額を提示します。
在籍確認がありますが、収入では不安はないです。
 

デリヘル嬢は日払いが多い?

完全日払い制になっています。
デリヘル店としてしっかりしたところなら、税理士の紹介や確定申告の必要性を確認してくれます。
日払いの給与だと、そのままでは納税ができない。もらったままではNGと言うことに。

実は、この確定申告書があると、デリヘル嬢から個人事業主になることができます。
そしても、キャッシング審査も通りやすくなります。
と言うか、この確定申告書がない難しいです。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

審査上で電話がくることも

給与明細もなく確定申告書もない場合は、本人に電話が来ます。
週に何日仕事をしていますか?などでだいたいの収入がわかります。

そして、デリヘル店で在籍確認ができたときに、借入ができることがあります。
ただし、このときの借入は少なく10万円程度です。
月収50万円超だとしても、収入証明がないことでは、信用が全くなくなってしまいます。
デリヘル嬢と働いていることだけが、収入があるのだろうという予想です。
 

キャッシング後でも確定申告すると

カードローン審査に通過してから、確定申告して収入をきちんと確率しましょう。
そこで、収入証明の再提出で、10万円以上の借入ができることがあります。
しっかりとデリヘル嬢として収入があれば、年収として認められることになります。

大手消費者金融でも銀行カードローンでも通用することです。
きちんと提出書類があれば、デリヘル嬢もキャッシングができます。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

デリヘル嬢の申込み、きちんと正確に伝えて

デリヘル嬢のキャッシングですが、手順を踏むことで、できないことではないです。
 

問題はキャッシング審査

審査の要件は、申込情報で大まかに、氏名と年齢、職業と年収が必要です。
氏名と年齢は20歳以上であれば良いです。職業は風俗、水商売などの項目があれば、OKです。
そして、年収です。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

収入の方法

給与明細があるデリヘル嬢なら問題はないです。
そこには、デリヘル店の名前があれば、それで収入がわかります。
風俗店などで、接客として雇う場合は、きちんと給料体系が出来上がっているところは多いです。

税金も引かれたり各種手当もきちんと明記してあり、ほぼ会社組織でお金を出していれば風俗嬢も抵抗なくお金を借りる事ができます。証明書として対応してもらえます。デリヘル店でそれがあるかどうかです。

デリヘルでは日払いのところが多く、明細がない場合も少なくないです。
この場合は、自身でメモしたものでOK。そこで年収計算をして、カードローン会社に伝えてください。
30万円程度の月収です。週3回程度で通っていますで良いです。

これなら、年収360万円計算ですが、真面目なデリヘル嬢なら、これ以上はあることでしょう。
しかし、ここで明細がありますか?ということは少ないです。
 

必ず希望額は50万円以下に

消費者金融では、50万円以上の借入では収入証明書がなければならないです。
その際にメモ書きでき通用しないです。また給与明細などがないときには、限度額が大きく下がります。

その理由としては、デリヘル嬢の収入が不安定なことと、収入が証明されないからです。
最初は10万円程度からのキャッシングになることが多いですが、借りてすぐに完済とか、延滞もなくきちんと返済をすることで、返済能力が認められたのなら、限度額は上ります。
 

あとは在籍確認ができれば

信用情報で金融事故もなく、在籍確認ができれば、デリヘル嬢のキャッシングが開始できます。
カードローンも大手消費者金融、銀行カードローンもできます。デリヘル嬢などの風俗嬢でも普通にキャッシングができるのは、不安定とされる収入ですが、一応収入があることが確認されるからです。

また、自身の信用情報で返済ができるとされることで、風俗嬢デリヘル嬢もキャッシングOKです。
最初からデリヘル嬢だからと借りれないことはないですから、安心して申込みをしてください。
収入源がデリヘル嬢だとしても大丈夫です。個人情報が漏れることもないですし、色眼鏡もないです。
ビジネスライクな手続きで、普通のキャッシングができます。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

デリヘル嬢の在籍確認について

デリヘル嬢は指名を受けて、お客のもとにサービスのために訪れて、仕事をします。
そこがホテルだったり、客の自宅、指定された場所に行くのですが、たいてい送迎が付きます。
そして、待機場所として事務所があったり、電話で呼び出されるなどいろいろです。
 

問題にしたいのは在籍確認のこと

在籍確認ですが、風俗嬢の多くは、デリヘル嬢のように移動がないです。
店などで、風俗嬢は管理されていますから、そこに担当者が電話をするだけです。
デリヘル嬢の場合、電話がどこにしてもらったら良いか迷います。

そこで、いつも連絡に使っている電話が固定電話であれば、問題はないです。
ところが、自分が電話をしているのが携帯電話しかないとき、在籍確認では少し戸惑います。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

在籍確認とは?

金融会社が勤務先が真実なのかを担当者が直接電話をして、収入の出処を確認するものです。
在籍確認がなければ、収入が嘘になるので、デリヘル嬢でもきちんと確認をしなければならないです。
そこで、いつも電話をしている番号を伝えてください。

もし、その相手に在籍確認がくると伝える事ができれば良いのですが、そのホットラインが他言できないものであれば、それも困ってしまうことです。
 

デリヘル嬢の在籍確認

事務所がない、連絡がいつも携帯電話だけ。
担当者には相談をするのですが、なにか方法があるかもしれないです。
正直に言えれば良いことですが、一応確認をしてみることです。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

使ってはならないアリバイ偽造会社

ここで、デリヘル嬢は返上して、アリバイ偽造会社で嘘の在籍確認をしてもらうのは止めましょう。
大手消費者金融などでは、アリバイ偽造会社のリストがあります。
デリヘル嬢ではまずいので、ということはないです。

在籍確認にしても、それぞれの担当者によって対応が違うでしょう。
ここでアリバイ偽造会社を使ってしまったら、犯罪です。
この先、バレてしまったら、その大手消費者金融の申込みはできないです。
 

在籍確認のことは

大手消費者金融などではコールセンターがあります。
申込みの前に、在籍確認のことはどのような対応になるかを聞いてみてください。
携帯電話の在籍確認はできないとか、なにか店で働いてる証明ができればOKなどの対応がわかります。

審査では在籍確認ができないと先に進めないです。
信用情報も金融事故がなく、きちんと収入があるのに、在籍確認で引っかかるというのは、不本意なことです。
ここでは虚偽はなく正直にすべてを話して、在籍確認を乗り切ってください。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

デリヘル嬢の確定申告

風俗勤務の方の収入は高いですが、安定収入とはみられていないです。
ホステスなどは給与で決まっている場合も少なくないのですが、デリヘル嬢となると収入が日払いが多いです。
 

日払いの給与はどうしたら良い?

毎日メモしておいてください。
スマホの家計簿でも良いので、そこから年収が出ます。
実はそれをキャッシング審査で年収とすることができます。

カードローンの審査では、最低6ヶ月の勤続年数が必要です。
毎月定額ではないのですが平均して年収を出します。
そして、その時が2月前なら、確定申告書を作成します。
メモの年収で確定申告書を出すと、収入証明書ができます。
それで、デリヘル嬢ですがきちんと収入があることを公的書類で証明することができます。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

ただ書けば良いというものではない

確定申告書については、12月くらいから書き方のサイトが立ち上がります。
そこでじっくりと勉強されることをオススメします。
まず、毎日のお金ですが、それで生活をしていることになります。

デリヘル嬢に必要な経費は必要経費になりますから、レシートはとっておいてください。洋服代、化粧代、事務所までの交通費もです。すべてレシートをとっておいて、それもスマホなどで記録しておくことをオススメします。基礎控除などを抜いて、本来の所得が出てきます。もし、その金額が大きいと税金もかかってきます。

これが嫌で確定申告をしない方もいますが、現在マイナンバーがあることで税金からは逃れる事はできないです。
ここまでの書類を用意して、申告をすることで、デリヘル嬢の収入の心配はないです。
 

年収が正式に出る

そうなると、きちんと限度額が決まります。
口で告げる年収では、限度額は低いですが、書類があることで、デリヘル嬢ですが、個人事業主としての申込みになります。風俗店勤務の方には、確定申告を勧めています。

税金にしても、収入がはっきりしていることで、風俗嬢としての地位も確立できます。
デリヘル嬢にしても、軽い気持ちで始めたけれど、収入証明書があることは何かと便利です。
税金もきちんと払うような生活を考えてください。
 

すぐに辞めるから

デリヘル嬢は長く勤められるものではないのですが、最近では30歳を過ぎても指名があります。
風俗嬢で生きて行くという方は、確定申告の癖をつけることで、個人事業主として自立されることをオススメします。本当にデリヘル嬢で確定申告をしている方は少ないですが、カードローン会社としては、その方が審査がしやすいです。あとは在籍確認ができればOKです。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg
 

デリヘル嬢だけど、別の顔でキャッシング?

デリヘル嬢がお金を借りる時には、いろいろな方法があります。
 

既婚者なら

あまりいないかもしれないですが、結婚していてデリヘル嬢をしている場合は、銀行カードローンで専業主婦としての申込みができます。銀行カードローンの審査では、無職の専業主婦としての申込みです。

デリヘル嬢での収入はなしとして、配偶者の収入で生きていますという形で借りられます。
限度額は少ないですが、面倒な手続きはないです。
配偶者の在籍確認もなしで、原則内緒のキャッシングができます。
配偶者貸付で中小消費者金融の借入もできますが、この場合配偶者の同意書が必要になります。
 
fuuzoku360x120.jpg
 

確定申告で個人事業主で

こちらもデリヘル嬢と言わずに確定申告書の収入で借りられます。
個人事業主で、接客をしていることで借りれます。

確定申告があることで、在籍確認は自分に来ますから、風俗店も無関係です。
風俗勤務なしでの申込みができます。きちんと働いている場合は、年収もそれなりです。
税金も存在していますから、節税対策まで考えている場合は、風俗専門の確定申告の相談ができるサイトなどもあります。
 

デリヘル嬢だけど、派遣会社に所属する

Wワークです。夜は週3回程度のデリヘル嬢で、他に派遣会社などに登録して収入を得て、カードローン審査では派遣社員として申込みをします。この場合、デリヘル嬢の収入は反映されないので、限度額は低くなります。

しかし、派遣社員としては審査も通過できます。
収入を派遣社員、またはアルバイトでも良いですから、Wワークでは、どちらかの職業での申込みができます。
昼間の仕事なら、詮索もされることなく、在籍確認も苦労することないでしょう。仕事上いくつかの顔を持っているのなら、有利な審査で借りる事ができます。デリヘル嬢の収入で申込みができれば、収入は高いですが、アルバイトなどで収入証明ができるのなら、申込みはしやすいです。

デリヘル嬢では不安定な収入として、満足行く限度額にならない場合があります。
在籍確認電話もうまく行かないなどのデメリットもあります。
信用も安定収入のアルバイトが借りやすいこともあります。
 

ブラックデリヘル嬢のキャッシング

大手消費者金融、銀行カードローンでデリヘル嬢での審査落ちではなく、信用情報が金融事故がある方は、同じ要領で中小消費者金融や街金の審査を受けてみてください。

申込みはほぼ同じですが、ブラックであることでいろいろと聞かれることがあります。
時にはキャッシングに関係のない内容も多いですから、レディースローンのある中小消費者金融がオススメです。
担当者が女性なので、同じ質問でもソフトですし、融資相談もしやすいです。
 
▲メニューに戻る
 
fuuzoku360x120.jpg

デリヘル嬢が客にお金を借りるデメリット

いくら何でも稼ぎとは別にお客にお金を借りるのはどうかと思われます。 デリヘルという立場上お金に困っているのは確かな事だとも考えられますけれど だからと言ってそれを理由に第三者へお金を借りる事は…
fuuzoku360x120.jpg